スポンサード リンク

お子さんを子供英語教室に通わせるにあたって

子供に英語を習得させたい、英語が話せる様になって欲しい、将来外国人と言葉の壁なく自由に話せる様になって欲しいなど、親が子供に英語を習わせる理由は様々です。

 

しかし義務教育下の英語学習では、教科書の内容だけでは満足に英語を話せる様になるのは困難と言えます。ヒアリング力を付ける学習も以前に比べれば増えている様に思われがちですが、実際は100点中わずか10点分しかないと言うのが現状です。

 

子供英語教室ではネイティブの先生が流暢な英語を話し、子供はそれを耳で素直に聴いてそのまま同じ発音で話すといった、学習と言うよりは遊びに近い楽しい感覚で行われています。早い段階の幼児期から英語を始めた方が良いと言われるのは正にそれで、教科書の様な活字を見て覚えるのではなく、耳に入ってきた英語を疑い無く自然に覚え話す、それこそが子供の英語学習に必要な事と言えます。

 

また子供英語教室は今や数え切れないほど存在し、何を基準に選んだら良いのか分からない程です。ネイティブの先生がいる教室、家庭でパソコンを使って授業を受けるもの、タッチペンから英語が聴こえてくる教室など様々な特徴を持った教室が多く存在し、競争し合っている事も事実でしょう。子供の英語教室とは言え、英語教室の月謝は他の習い事と比べても高額な場合が多く、これはそれぞれ教室独自のテキストを使用した理由だけではなく、ネイティブの先生がいるかどうか、ネイティブではなく日本人の先生が教える教室かなどの理由によっても大きく異なる内容となっています。年々子供英語教室に通う年齢が低くなりつつあり、子供の耳が柔軟ななるべく早い内に始めたいと思う親が増えている事が挙げられます。学習と言うよりは遊びながら自然に英語を身に付かせたい、強要するのではなく楽しみながら英語を話せる様になる事で、子供の将来に少しばかりの可能性を親として与えたいと思い子供に合った英語教室を選び学ばせるのだと思います。